長尾歯科 | ひたちなか市の歯科

長尾歯科 | ひたちなか市 | 歯科 | マイクロスコープ | 根管治療 | 歯周病 | 予防歯科 | 審美歯科 | インプラント

歯周病とは
歯周病とは、歯と歯茎の間の溝“歯肉溝”より進入した歯周病菌が産生する毒素から、歯を支えている周りの骨“歯槽骨”が逃げようと、徐々に歯周組織が下がってしまう病気です。

以前は歯槽膿漏と呼ばれていたのですが、今は歯周病と言います。成人の8割が罹患しているといわれる歯周病。そのほとんどは痛みなどの自覚症状がないため、“サイレントディジーズ”とも呼ばれ、気付いた時には重症の場合も少なくない、非常に恐い病気です。

昔、“リンゴをかじると歯茎から血が出ませんか?”という、某ハミガキのCMがあったのを覚えているでしょうか?
あれは、歯周組織に対して物理的な刺激を加えた時に出血するかどうか、つまり、“サイレントディジーズ”である歯周病に罹っているかどうかの判断基準を教えてくれていたCMだったのです。
  • 深い歯周ポケットが歯周病検査によって発見されました。

  • 重度の歯周病です。こうなってしまうと歯の保存が難しくなります。

  • 根分岐部病変

    特に大臼歯部において、歯周病の進行に伴う歯槽骨の喪失により、根間部の歯周組織があたかもトンネル状になってしまった状態を”根分岐部病変”と言います。 その部位にはプラークが停滞しやすく、清掃が困難であるため、疲れた時や体調が優れないときなどに、腫れ・排膿・ブラッシング時の疼痛や出血などを繰り返すことがあります。
    個々の解剖学的形態や、さまざまな誘発因子が考えられるために、歯周病治療の中でも最も厄介で、抜歯になることも少なくありません。
    臨床的には、ファーケーションプローブを用いて、水平的な骨の喪失状態を診査することで、術式を選択していくのが最もポピュラーな方法です。

進行度
水平分類
I度 頬舌的に骨の1/3以下の欠損。
II度 頬舌的に骨の1/3以上欠損しているが、完全には貫通していない。
III度 頬舌的に完全に貫通している。
  • 抜歯した下顎大臼歯です。2つに根が分かれています。

  • 抜歯前にファーケーションプローブで分岐部病変を水平的に診査しているところです。残念ながらIII度でした。

  • 抜歯後に改めてファーケーションプローブを通したところです。骨の喪失状況がわかると思います。

歯周病治療の流れ
  • 1.歯周組織検査

    ・口腔内写真、X線写真撮影
    ・歯周ポケットの深さ
    ・出血の有無
    ・動揺度の確認
    ※検査結果についてインフォームドコンセント

  • 2.口腔清掃指導(TBI)&スケーリング(SC)

    ・プラークの染め出し&見える部分の歯石取り

  • 3.スケーリング(SC)後の歯周組織検査

    ※初期の歯周病はここで終了です。

  • 4.スケーリング・ルートプレーニング(SRP)

    ・歯と歯茎の間の深いところに付着している歯石取り
    ※病状によってかかる回数は変わります

  • 5.スケーリング・ルートプレーニング(SRP)後の歯周組織検査

    ※軽度の歯周病はここで終了です。
    ※中等度以上の歯周病の場合は、歯周外科を行うこともあります。
    ※何らかの理由で歯周外科が行えない場合は、定期的に口腔内のチェックを行い現状維持をはかっていきます。

  • 初診時

  • スケーリング直後

低侵襲な歯周外科
当院では2008年から2012年の間に、患者88名・2206本の歯に対し、マイクロスコープ下での低侵襲な歯周外科を施し、そのデーターをまとめました。非常に良好な結果が得られ、2015年にその内容を論文に投稿しました。当院ではこのデーターに基づき治療計画を立案し、出来る限り低侵襲で高精度な歯周外科を提供し、大切な歯をより多く保存するよう努めております。
  • 術前

  • 術後 1ヶ月

  • 術後 8ヶ月

  • 術後 10年

術前に大きな縁下歯石が根の周りにたくさん付着し、歯周ポケットも10mm以上と重度歯周病のため、他院では抜歯と言われた歯に対し、エムドゲインや人工骨などを用いたいわゆる再生療法を施すことなく、マイクロスコープ下での低侵襲な歯周外科のみで改善させ、10年間何の問題もなく保存・機能させることができております。
  • 喫煙と歯周病

    以前の歯周病と喫煙の関連性の解釈は、“タバコを吸っている人の中に重度の歯周病に罹患している人がいます”程度でしたが、現在は"喫煙は歯周病の原因です"に変わってきております。
    当院におきましても、歯周病治療を成功させるために、禁煙指導をさせていただいております。全身や口腔内の健康を図るためにも、おタバコはやめましょう。

  • 休診日/木・日曜日・祝日  
    △休日のある週は木曜日診療 /最終受付時間 午前11:30 午後18:00

〒312-0032 ひたちなか市津田2598-1
>大きな地図で見る