長尾歯科 | ひたちなか市の歯科

長尾歯科 | ひたちなか市 | 歯科 | マイクロスコープ | 根管治療 | 歯周病 | 予防歯科 | 審美歯科 | インプラント

外科的歯内療法
日々の診療で再根管治療を行わない日はないばかりか、根管の解剖学的な複雑さや、穿孔・破折器具など、根管治療における合併症によって、より複雑な状況に陥り、やむを得ず外科処置や抜歯に至ってしまうケースに遭遇することもあります。

このように通常の根管経由での根管治療が困難で、主に根尖部の感染を外科的に取り除く根管治療のことを、外科的歯内療法と言います。外科的歯内療法の代表的な術式に、歯根端切除術と意図的再植術の2つがあります。
  • 歯根端切除術

    歯根端切除術とは、歯肉を切開・剥離および骨の開削を行った後、病変部と病変内に突出した根尖を除去し、感染を取り除く術式です。

  • 左下前歯の歯根端切除術中。歯肉を切開剥離して、根尖孔外の感染を除去しているところです。

  • 意図的再植術

    意図的再植術とは、上下顎第二大臼歯など、歯根端切除術では術野の確保や器具の到達が困難な部位や、解剖学的な制約がある部位に対し、意図的に歯を抜いて、口の外で根管治療や根管充填を行った後、再び抜歯窩に戻す術式です。

  • 上顎大臼歯の意図的再植術中。一度歯を抜いて、口の外で根尖孔外の感染を除去しているところです。

両術式とも患者に対して外科的な侵襲を大きく加えるため、術中・術後にさまざまなリスクが伴ううえ、有病者や高齢者には施しづらいこともあります。しかし多くの場合、かけがえのない歯を保存することができます。
ただし、非常に高いスキルが要求されるため、特別な訓練を受けた先生でなければ施せません。当院は国内外のスペシャリストの先生より指導を受け、多くの結果を出しております。
また、症例によりますが、当院ではより低侵襲の新たな外科的歯内療法が提供できるため、痛みが少なく多くの歯を助けることが出来ております。(難症例:症例5)
  • 休診日/木・日曜日・祝日  
    △休日のある週は木曜日診療 /最終受付時間 午前11:30 午後18:00

〒312-0032 ひたちなか市津田2598-1
>大きな地図で見る