Menu

顕微鏡歯科

Home
マイクロスコープとは
マスコミなどでも紹介されることがあるかと思いますが、手術時の外科的侵襲の低減や、確実に病変を除去するために用いられる"手術用実体顕微鏡"のことです。 細かい作業の連続である歯科治療にマイクロスコープを応用することは、裸眼では確認できない細かな問題点を正確に把握できるため、より質の高い歯科医療へと導くことが可能です。

当院で使用しているマイクロスコープ
Carl Zeiss製 OPMI pico MORA

しかし、高精度な顕微鏡歯科医療の提供には、かなりの時間や訓練が必要です。したがって、一応マイクロスコープを設置はしているが、たまにしか使わないや、器材・術式・治療に対する考え方など、裸眼のみで治療を提供している時と何も変わらなければ、その効果を十分に発揮できず、けっして良好な結果は得られません。
日々精進し、多くの経験や努力を積み重ね、マイクロスコープ中心の診療スタイルが確立できてはじめて、精度の高い顕微鏡治療が提供できるのです。

当院院長は日本顕微鏡歯科学会の認定指導医です。
(令和元年8/1現在、全国で31名)

日本顕微鏡歯科学会のサイト
http://kenbikyoshika.jp/ninteii.html#shidou

歯科界におけるマイクロスコープの歴史

日本においてマイクロスコープが歯科に導入されるようになったのが1990年代半ば。つまり、約20年の歴史です。
院長は勤務医時代より、いち早くマイクロスコープの有効性を感じ、17年以上、国内外において日々研鑽を重ねながらマイクロスコープ治療を多くの患者さん、さまざまな症例に提供してまいりました。
現在、より多くの患者さんのご要望にこたえられるよう、上記歯科用マイクロスコープ3台体制で、低侵襲かつ高精度に対応しております。

2010年 Dr. John West Mastering 3D Cleaning, Rotary Shaping, and 3D Obturation Course受講時、John West先生と(米国ワシントン州タコマ)

顕微鏡歯科医療のアドバンテージ
“ビジュアライゼーション”、つまり、見せることができます

インフォームドコンセントにおいても

従来、手鏡などで行ってきた症状や治療内容の説明にマイクロスコープを用いると、術前・術中・術後の様子を拡大された動画として見ていただけるため、よりわかりやすい説明が可能です。

処置においても

マイクロスコープによって拡大明視野下での処置が施せるので、歯の削りすぎの防止、歯の周りや根の中の感染源の的確な除去、冠や詰め物をより精密に行うことができます。

定期診査や予防においても

定期診査時にマイクロスコープを用いることで、磨き残し・歯石・虫歯・冠や詰め物の不適合などを早期に発見しやすくなり、問題を大きくしないうちに対応できるので、長期的に患者さんの口腔内健康維持がはかりやすくなります。当院では、歯科医師に限らず、歯科衛生士もマイクロスコープを用いて対応しているので、よりハイレベルな口腔衛生管理も提供できております。


いくらマイクロスコープを用いても、受診される患者さんの日々の口腔衛生状況が改善されなければ、精度の高い治療は提供できません。
たとえば、歯型を採ろうと思っても、歯茎の炎症がひどく出血があった状況できれいな歯型など採取できません。つまり、精度が下がってしまいます。歯科治療は決して簡単ではないことをご理解ください。

※マイクロスコープを用いた診療の多くは保険外診療です

休診日/木・日曜日・祝日  
△休日のある週は木曜日診療 /最終受付時間 午前11:30 午後18:00

〒312-0032 ひたちなか市津田2598-1
>大きな地図で見る