ひたちなか市 歯科 インプラント 歯周病治療 マイクロスコープ 審美 予防 長尾歯科


ひたちなか市 歯科 インプラント 歯周病 マイクロスコープ 審美 予防 長尾歯科 トップページ

ひたちなか市 歯科 インプラント 歯周病 マイクロスコープ 審美 予防 長尾歯科
コンセプト
医院紹介
院内設備
精密歯科医療機器

ひたちなか市 歯科 インプラント 歯周病 マイクロスコープ 審美 予防 長尾歯科
マイクロスコープとは

ひたちなか市 歯科 インプラント 歯周病 マイクロスコープ 審美 予防 長尾歯科
虫歯
歯周病
歯周治療の流れ
予防歯科

ひたちなか市 歯科 インプラント 歯周病 マイクロスコープ 審美 予防 長尾歯科
当院におけるインプラント治療の考え方
インプラントの紹介

ひたちなか市 歯科 インプラント 歯周病 マイクロスコープ 審美 予防 長尾歯科
症例


ひたちなか市 歯科 インプラント 歯周病 マイクロスコープ 審美 予防 長尾歯科

歯周病
歯周病とは、歯と歯茎の間の溝“歯肉溝”より進入した歯周病菌が産生する毒素から、歯を支えている周りの骨“歯槽骨”が逃げようと、徐々に歯周組織が下がってしまう病気です。以前は歯槽膿漏と呼ばれていたのですが、今は歯周病と呼ばれています。成人の80%が罹患しているといわれる歯周病。そのほとんどは痛みなどの自覚症状がないため、“サイレントディジーズ”とも呼ばれ、気付いた時には重症の場合も少なくない非常に恐い病気です。昔、“リンゴをかじると歯茎から血が出ませんか?”という、某ハミガキのCMがあったのを覚えているでしょうか。あれは、物理的な刺激があった時に出血するかどうか、つまり、“サイレントディジーズ”である歯周病に罹っているかどうかの判断基準を教えてくれていたCMだったのです。
初期段階では、歯茎のムズムズ感やブラッシング時の出血といった症状しかありませんが、進行するにつれ、歯が動揺しだしたり、歯肉が退縮し、歯が長くなったように見えたり、すきっ歯になってきたりします。その時点で歯科医院を受診しても、手遅れの場合も少なくありません。そのため、自覚症状が出ていなくても、年に数回は歯科医院で歯周病検査とメンテナンスを受けることをおすすめします

写真上 深い歯周ポケットが歯周病検査によって発見されました。

写真下 重度の歯周病です。こうなってしまうと歯の保存が難しくなります。

分岐部病変
特に大臼歯部において、歯周病の進行に伴う歯槽骨の喪失により、根間部の歯周組織も喪失してしまい、あたかもトンネル様になってしまった状態を、”根分岐部病変”と言います。その部位には、プラークが停滞しやすく、清掃が困難となるため、疲れた時や、風邪をひいたときに、腫れ、排膿、ブラッシング時の疼痛や出血、などの症状を繰り返してしまいます。個々の解剖学的形態や、さまざまな誘発因子が考えられるために、歯周病治療の中でも、最も厄介で、抜歯になる事も少なくありません。
臨床的には、ファーケーションプローブを用いて、水平的な骨の喪失状態を診査することで、術式を選択していくのが最もポピュラーな方法であります。

≪水平分類≫  
I度:頬舌的に骨の1/3以下の欠損。  
II度:頬舌的に骨の1/3以上欠損しているが、完全には貫通していない。  
III度:頬舌的に完全に貫通している。

写真上 抜歯した下顎大臼歯です。2つに根が分かれています。

写真中 抜歯前にファーケーションプローブで分岐部病変を水平的に審査しているとこをろです。残念ながらIII度でした。

写真下 抜歯後に改めてファーケーションプローブを通したところです。骨の喪失状況がわかると思います。

コンセプト医院紹介院内設備精密歯科医療機器マイクロスコープとは
虫歯歯周病歯周治療の流れ予防歯科当院におけるインプラント治療の考え方インプラントの紹介症例

COPYRIGHT(C) 2008 長尾歯科 ALL RIGHTS RESERVED.